ロボパンビジネス情報部

9歳にもわかる起業支援サイトを目指しています。ビジネスに関する情報なら基本的になんでもご紹介。

「コピーライティング」の記事一覧

ダイレクトメールに自虐ネタを入れると…?

自虐ネタを仕込むことでダイレクトメールの反応率が上昇する?

よく「警告」や「危険」という言葉を使いダイレクトメールの開封率を高めるというノウハウを耳にしますが、相手に不快感を与えてしまいやすいです。そこで、自虐ネタを混ぜることで相手の注意を惹きつつ、手紙を開封してもらうことができます。
シャンパルティエ効果

シャンパルティエ効果をビジネスに応用して売上をアップさせる方法!

人間は先入観やイメージによって、物の大きさや重さ、数量などに対する認識が狂ってしまうことがよくあり、これを「シャンパルティエ効果」と言います。この心理効果を活用することで、広告の反応率などを高め、売り上げを上げることも可能です。
ストループ効果

ストループ効果とは?矛盾点があると人間は嫌悪感を感じてしまう!?

人間は矛盾点があると嫌悪感やストレスを感じ、これを心理学では「ストループ効果」と言います。広告の表現の中にも矛盾する要素があると、読み手に不信感を感じさせてしまって売上にも影響が出ますので注意しましょう!
広告文の長さについて

広告文は長い方がいい?短い方がいい?結局は内容が一番大事!

広告の文章が長いと、読み手も読み疲れしてしまって反応率も落ちるのでは?と心配な方も多いと思います。ですが、実は広告文は長くても大丈夫、むしろ長い方が良い場合もあります。今回は広告文の長さについてのお話です。
ダイレクトメールの開封率を高める方法

ダイレクトメールの開封率を高めるための4つのコツとは?

商品やサービスを売り込む上で、ダイレクトメールを活用することも多いと思いますが、そのダイレクトメールもまずは開封してもらわないことには紙と経費の無駄になってしまいます。今回はダイレクトメールの開封率を高める工夫についてご紹介していきます。
景品表示法について

景品表示法とは?誤解を招く表現は罰金や懲役になる!?

お客様を集めようと思って、ついつい実際の商品内容や実績とは異なる内容の広告を出してしまうと、景品表示法に抵触してしまう可能性があります。今回は景品表示法で禁止されている表現などについてご紹介していきます。
QUESTフォーミュラ

簡単に反応が取れる広告文が作れるパターン:QUESTフォーミュラとは?

広告の文章を作る際、一から文章構成を考えて作るのは手間もかかるし面倒ですよね。今回はそんな方のために、反応の取れるコピーライティングのパターンの一つ「QUESTフォーミュラ」をご紹介していきたいと思います。
超短文で文章を始める

夏目漱石に学ぶコピーライティング:文章の書き出しは超短文から始めよう!

広告などの文章を作成する際、文章の書き出しをどうするかで頭を捻るという方は多いと思います。今回は夏目漱石氏の「吾輩は猫である」を題材に、文章の書き出しに使えるノウハウをご紹介します。
集客HPでよくある間違い

あなたのサイトは大丈夫?集客ページでよくある5つの間違いとは?

今回は過去にロボパンビジネス情報部が他者様のHPを診断させていただいた際、改善するべき点としてよく見られたものをご紹介していきます。あなたのHPは大丈夫ですか?もし気になった方は答え合わせ感覚で見てみてください。
感動ストーリーで売上を上げよう

会社や商品の過去話で売上アップ!感動ストーリーを作るための5つの方法

会社の創設秘話や商品の開発までの経緯についての過去話は、上手く活用することで読み手の関心と共感を呼ぶことが出来、商品の売上を上昇させることもできます。今回はそんな過去話を作る際に役立つ感動ストーリーを作るための5つの方法をご紹介します。
透明なDM

透明な封筒がダイレクトメール(DM)に向いている理由とは

透明な封筒がダイレクトメール(DM)に向いている理由について解説しています。袋が透明だと、中の印刷物のデザインを変えるだけで印象をガラッと変えることができます。更に反応率を見て改善しやすいのもメリットといえます。
コピーライティングを学ぶ4つのメリット

売上アップだけじゃない!?コピーライティングを学ぶことの4つのメリット

コピーライティングは今でこそビジネスにおいて必須のスキルと言われていますが、「ただ文章を書くだけの能力がそんなに重要なの?」と疑問に感じる方も多いと思います。というわけで、今回はコピーライティングを学んでおくことの4つのメリットをご紹介します。
長いキャッチは一部を強調

【コピーライティング】長いキャッチコピーは要点だけを大文字にしよう

広告のキャッチコピーを書く際、伝えたい内容を上手く短くまとめることが出来ず、ちょっと長くなってしまうことがあると思います。そんな時は、特にアピールしたい点を少し大きくしてみたり、目立つように工夫することで広告の反応率がアップします。
見出しやキャッチコピーで使える5つのテクニック

ブログタイトルや見出しに使える!読み手の興味を引くための5つのテクニック

今回は広告のキャッチコピーや見出し、ブログのタイトルなどをより魅力的にして読み手の興味を引くためのテクニックを5つご紹介します。「いつも見出しやキャッチコピーをどう書けばいいのか悩む…」という方は是非読んでみてください。