ロボパンビジネス情報部

9歳にもわかる起業支援サイトを目指しています。ビジネスに関する情報なら基本的になんでもご紹介。

「伝わりやすい話し方」の記事一覧

ストループ効果

ストループ効果とは?矛盾点があると人間は嫌悪感を感じてしまう!?

人間は矛盾点があると嫌悪感やストレスを感じ、これを心理学では「ストループ効果」と言います。広告の表現の中にも矛盾する要素があると、読み手に不信感を感じさせてしまって売上にも影響が出ますので注意しましょう!
セルフマニピュレーション

セルフマニピュレーションとは?自分の仕草をコントロールして信頼を得よう!

声が弱々しく小さかったり、おどおどした態度だったりすると、その自信の無さそうな様子が相手にも伝わり、不信感となって意見や気持ちが中々伝わらないなどのデメリットが発生することもあります。今回はそんな自分の仕草をコントロールする方法「セルフマニピュレーション」についてご紹介します。
広告文の長さについて

広告文は長い方がいい?短い方がいい?結局は内容が一番大事!

広告の文章が長いと、読み手も読み疲れしてしまって反応率も落ちるのでは?と心配な方も多いと思います。ですが、実は広告文は長くても大丈夫、むしろ長い方が良い場合もあります。今回は広告文の長さについてのお話です。
景品表示法について

景品表示法とは?誤解を招く表現は罰金や懲役になる!?

お客様を集めようと思って、ついつい実際の商品内容や実績とは異なる内容の広告を出してしまうと、景品表示法に抵触してしまう可能性があります。今回は景品表示法で禁止されている表現などについてご紹介していきます。
QUESTフォーミュラ

簡単に反応が取れる広告文が作れるパターン:QUESTフォーミュラとは?

広告の文章を作る際、一から文章構成を考えて作るのは手間もかかるし面倒ですよね。今回はそんな方のために、反応の取れるコピーライティングのパターンの一つ「QUESTフォーミュラ」をご紹介していきたいと思います。
PREP法について

プレゼンで役立つ話し方:PREP法の3つのメリットとは?

「口下手で上手くプレゼンなどで内容を相手に伝えられない…」そんなお悩みをお持ちの方は、まず結論から話し、次にその理由と具体例を紹介、最後にもう一度結論を言うという「PREP法」という文法を使ってみてはいかがでしょうか?今回はそんなPREP法のメリットをご紹介します。
マスコットキャラのメリット

可愛いだけじゃない!?マスコットキャラが企業にもたらす4つのメリット

企業や団体のマスコットキャラクターっていますよね?実はマスコットキャラの作成はただ可愛いだけではなく、ビジネスにおいても様々なメリットがある実用的なテクニックの一つです。今回はそんなマスコットキャラについてお話していきます。
超短文で文章を始める

夏目漱石に学ぶコピーライティング:文章の書き出しは超短文から始めよう!

広告などの文章を作成する際、文章の書き出しをどうするかで頭を捻るという方は多いと思います。今回は夏目漱石氏の「吾輩は猫である」を題材に、文章の書き出しに使えるノウハウをご紹介します。
集客HPでよくある間違い

あなたのサイトは大丈夫?集客ページでよくある5つの間違いとは?

今回は過去にロボパンビジネス情報部が他者様のHPを診断させていただいた際、改善するべき点としてよく見られたものをご紹介していきます。あなたのHPは大丈夫ですか?もし気になった方は答え合わせ感覚で見てみてください。
感動ストーリーで売上を上げよう

会社や商品の過去話で売上アップ!感動ストーリーを作るための5つの方法

会社の創設秘話や商品の開発までの経緯についての過去話は、上手く活用することで読み手の関心と共感を呼ぶことが出来、商品の売上を上昇させることもできます。今回はそんな過去話を作る際に役立つ感動ストーリーを作るための5つの方法をご紹介します。
長いキャッチは一部を強調

【コピーライティング】長いキャッチコピーは要点だけを大文字にしよう

広告のキャッチコピーを書く際、伝えたい内容を上手く短くまとめることが出来ず、ちょっと長くなってしまうことがあると思います。そんな時は、特にアピールしたい点を少し大きくしてみたり、目立つように工夫することで広告の反応率がアップします。
情動伝染

【コピーライティング】広告の反応率を上げるための感嘆語の使い方2つのコツ

今回は「え!?」「そんなぁ…」と言った感情を表現する言葉である感嘆語を使って、広告の反応率を高めるための方法をご紹介していきます。少しの工夫で誰でも使えるテクニックなので、ぜひ広告作成などに活用してみてください。
スティンザー効果

スティンザー効果:会議の主導権を握るにはサクラを用意するのが効果的!?

今回は「どうしても会議で通したい意見がある!」という方のために「スティンザー効果」という法則を元に、会議で自分の意見を通しやすくなる方法についてご紹介していきたいと思います。
2つの広告の工夫

USPや実績が無くてもお客様を呼べる!誰でもできる2つのコツとは?

初めて開始するサービスや、初めて取り扱う商品などの場合、広告を書こうにもUSPや実績なども無く、何を書いていいのか分からなくなってしまうということもあると思います。今回はそんな時にも使える、誰でもできるお客様を呼ぶための広告の工夫を2つご紹介していきます。
忘れてもいい

人に物を教える時は「別に忘れてもいいけど」と言うと記憶力が上昇する!

人に物を教える時、ついつい「絶対に忘れないで!」といった言葉をかけてしまいがちですが、実はこれでは相手の記憶力が低下してしまい、上手く物事が伝わらない可能性があります。相手に何かを教える時は、相手にプレッシャーを与えないような言葉をかけるのが大切です。
クライマックス法とアンチクライマックス法とは

アンチ・クライマックス法とは?相手によって話し方を変えてみよう

アンチ・クライマックス法とは、先に結論を伝えてから、その後過程を説明する話し方になります。逆にクライマックス法は一から順番に相手に語るやり方です。この2つの手法は出来るだけ使い分けるようにしましょう。どのように使えばいいのかを解説しています。
褒め方のコツ

人間関係を円滑にするための「上手な褒め方」5つのコツ!

部下や子供を褒めることは、相手自身の自信につながり、やる気もアップするだけではなく、時として能力以上の成果を出すためのきっかけにもなります。今回は相手を褒める時のコツについて解説していきたいと思います。褒め方のコツを覚えて、相手に最高に気持ちよくなってもらいましょう!
怒る人形

【マネジメント】部下のやる気を落とさない3つの上手な叱り方

部下がミスをした時など、やむを得ず叱らなくてはならない場合があります。しかし、この時相手の人格を否定するような言葉を言ったり、終わりが見えないようなダラダラと長いお説教をしてはいけません。今回は部下のやる気を落とさないように諭す上手な叱り方のコツを3つご紹介します。