読み手はストレスを感じると読むのをやめる

今回の要点先読みコーナー

・文章を最後まで読んでもらうには、読み手にストレスを感じさせないのが重要

・専門用語や難しい言葉は避けよう

・見やすい字体を使おう

・適度な改行と行間を儲けよう

・適度に見やすい大きさの字を使おう

 

 

それでは詳しい内容が気になった方は本文をお読みください。

 

 

今回のテーマは「読み手のストレスを軽減するための、文章の書き方4つのコツ」です。

 

読み手にとって見やすく、分かりやすい文章を書く事で、

広告の反応率などを上げることができます。

 

また、広告を書く場合だけではなく、

企画書やブログ記事など文章を書くあらゆる場面で使えるコツなので、

興味のある方はぜひ続きをご覧下さい。

 

ロボパンジーくん

項目ごとにまとめてみたよ!

 

文章の書き方のコツは「ストレスを感じさせない」こと!

 

あなたはインターネットなどで何か調べ物をしている時、

開いたサイトを人目見て

 

・「何だか見づらいサイトだな…」

・「このサイトは何を言ってるのか分からないぞ…」

 

と感じて、すぐに「戻る」ボタンを押して別のサイトを見にいったことはありませんか?

(きっと多くの方が1度はこうした経験があるとは思います)

 

 

文章が読みにくかったり分かりにくかったりした時に読むのを途中でやめてしまうのは、
何もあなただけではなく皆さん同じです。

 

つまり、もしもあなたの書いた広告や文章が

「見づらい」「分かりづらい」と判断されてしまうと、

同じように途中で見るのを中止されてしまう場合がよくあるのです。

 

せっかく頭を捻って書き、お金を払って広告を出しても、

ろくに読まれずに終わってしまうと労力もお金も無駄になってしまいます。

 

 

広告を書く上では内容も当然重要ですが、

それ以前に「読み手にストレスがかからない書き方」というのも重要になってきます。

 

 

 

文章の書き方4つコツ!

 

では読み手がストレスを感じない文章を書くにはどうすればいいのか?

その4つのコツを今回はご紹介していきたいと思います。

 

 

 

書き方のコツ1:専門用語を避ける

 

専門用語ばかりの文章は読み手にとっては難しく、

「何を言ってるのか分からない」と感じられる場合が多々あります。

 

広告を書いている企業側は商品などに対して十分な知識があるので理解できますが、

読み手は商品に対しての知識が必ずしも十分ではありません。

 

そのため、難しい言葉や聞いたこともない横文字を見ると

「何それ?」と思ってしまいます。

 

 

例えば

 

フラットデザインを使ってHPを作った方がユーザビリティが上がって、

その分成約率も上がるから結果的にCPOが安くなるよ!

 

このような文章を見た時どの思うでしょうか?

 

 

フラットデザインなどの専門用語を知ってる方なら理解できるかもしれませんが、

そういった知識がない方にとっては

 

・「フラットデザインって何?」

・「HPってホームページのことで合ってるのかな…」

・「ユーザビリティって何だろ…」

・「CPOって何のことだ…?」

・「こいつ結局何の話してんの?」

 

と思う方も少なくないと思います。

 

しかも会話の中でなら「それ何て意味?」と聞くことができますが、

広告では聞いても返答は返ってきません。

 

そして大抵の場合はわざわざその専門用語の意味を調べるのは面倒なので

 

・「何言ってんだか分かんないし他のサイト見るか」

・「もっと分かりやすい広告はないかな…」

・「専門用語だらけで全然分からん!もう寝よ」

 

と、途中で読むのをやめてしまうのです。

 

 

広告をしっかりと読んでもらい、

商品の良さをアピールするためには

 

・専門用語や難しい言葉をなるべく使わない

・使うとしても、前後にちゃんと補足の説明を入れる

 

上記の点に注意し、「小学校高学年くらいでも分かる文章」を目指しましょう!

 

 

ちなみに先ほどの例文を分かりやすく書くと…

 

字が大きめで、見やすい字体を使い、適度な改行と行間を開けて、

影や奥行のない見やすいデザインのホームページを作ると、

読み手にとって見やすくなって商品の購入にもつながりやすくなるので、

結果的に一人のお客様を呼ぶのにかかる広告費が安くなるよ!

 

という意味になります!

 

 

 

書き方のコツ2:特徴的すぎる字体を使わない

 

例えば行書体などの特徴的な字体を使いすぎると、

読み手の興味が文章の内容から字の形そのものに移り気味になってしまいます。

 

これだと頑張って文章を書いても、

読み手に正しく内容が伝わりません。

 

また、コロコロと色んな字体に変わっていて落ち着きのない文章だと、

読み手も読みにくさを感じでストレスになります。

 

 

あまり形に特徴がない、見やすい字体を使うのがいいでしょう。

 

個人的にはメイリオやArialなどの自体がオススメです。

 

 

書き方のコツ3:適度に文章を区切る

 

改行や行間のない、ギチギチに文字を詰め込んだ文章だと、

読み手にとって読みにくくてストレスを感じてしまいます。

 

文章は適度な所で区切って改行し、

次の文との間に行間を設けることで見やすい文章を作れます。

 

 

文章は句読点や区切りの良いところで改行し、一文を2~3行ほどにまとめましょう。

 

そして、前の文と次の文の間に行間を設けるように心がけましょう。

 

 

ちなみにこの項目を区切り・改行・行間なしで書くと…

 

改行や行間のない、ギチギチに文字を詰め込んだ文章だと、読み手にとって読みにくくてストレスを感じてしまいます。文章は適度な所で区切って改行し、次の文との間に行間を設けることで見やすい文章を作れます。文章は句読点や区切りの良いところで改行し、一文を2~3行ほどにまとめましょう。そして、前の文と次の文の間に行間を設けるように心がけましょう。

 

…はい、これだけで読む気が失せますよね!

気をつけましょう!

 

 

 

書き方のコツ4:字は適度に大きめにする

 

細かい字の羅列だと読み手は読みにくさを感じて、

読むのを途中でやめてしまう場合が多々あります。

 

字は適度に大きくて見やすい大きさに調整しましょう。

 

 

大体14ptほどが見やすく、

お年寄りなどに見てもらいたい文章の場合は18ptくらいがいいでしょう。

 

 

 

文章の書き方のコツまとめ

・文章を最後まで読んでもらうには、読み手にストレスを感じさせないのが重要

・専門用語や難しい言葉は避けよう

・見やすい字体を使おう

・適度な改行と行間を儲けよう

・適度に見やすい大きさの字を使おう

 

 

どんなに頑張って文章を書いても、

そもそも最後まで読んでもらえないのであれば意味はありません。

 

最後までしっかりと読んでもらえるように、

見やすく・分かりやすい文章を書く事を心がけましょう。

 

Facebookでいち早く情報をお届けします!

 

The following two tabs change content below.
知広須田
雪国秋田で生まれ育った27歳のオス トドのような肉体を持ち、ラッコのような体勢で寝る珍獣 特技はコピーライティング・除雪・相手のボケをボケで返すこと 好きな食べ物は肉と米 渡辺とは高校時代からの友人 コピーライティングができるのにトドなので難しい文章が苦手、 見やすく分かりやすい文章を書くために日々研究中。