なかよしパンジー (泣き

あ~失恋しちゃったよぉー! きっと自分には魅力が無いんだぁ~! 一生独身なんだあああ!

ロボリンちゃん

しっかりと事実を確認したの? フラれたからと言って魅力が無いとは断言できないし、一生独身だと言い切れないわよ。

チンパンジーくん

ほんとう!?

ロボリンちゃん

私から見ればあなたはメソメソしていて魅力的ではないけれど、それが魅力に感じる人もいるかもしれないじゃない。

このように、捉え方(認知)を事実に変えるだけでも心理的なダメージを軽減できるわ。

チンパンジー(不安)

ガクッ(そこまでハッキリ言わなくても・・・)

 

現代は「ストレス社会」と呼ばれていて、
人々の悩み事も以前に比べて増えてきたように感じます。

※社会を語れるほど賢くは無いので、この話題はここで終わります(笑)

 

 

今日はアメリカの心理学者である、

アルバート・エリス氏

が提唱したABC理論と呼ばれるノウハウをご紹介します。

 

この「ABC理論」を使うことで、
今後のストレスのダメージを減らすことができます。

 

 

ストレスや悩み事が減ることで、
無駄に悩んで行動できなくなることが無くなるはずですし
変に自己評価が下がってしまうことも防ぐことができるでしょう。

 

なぜなら、このABC理論は全ての出来事を

・出来事

・認知

・結果

に分解して、「どこを改善すれば悩みが消えるか」が明確に分かるからです。

 

 

僕自身は

・スルースキルが高い

・打たれ強い

と周りからは言われたりすることが多いのですが、
それでも人間なのでストレスを感じる場面は多くあります。

※特に対人関係だと「面倒臭いな」と思うことが多いですよね。

 

ですので、個人的な勉強も兼ねて
このABC理論について復習しておこうと思いました。知らんがな!

 

ABC理論とは?ストレスも考え方次第ではダメージを軽減することができる?

ABC理論とは

ABC理論とはアメリカの心理学者であるアルバート・エリス氏により提唱された。ストレスの大きさは、『Aという出来事は、どういう風に認知をしたのか(B)、その結果ストレスの大きさはどのくらいになったのか(C)』によって決まる。現在では認知行動療法(論理療法が発展したもの)という名前で広く知られている。

 

なにやらゴチャゴチャと書いてしまいましたが、
簡単に解説すると

 

テストの点数が悪かったので、先生から怒られたとします。(Aという出来事)

 

その時に、

「自分は本当にダメだな。何をやってもダメだわ」(Bという認知・捉え方)

をしてしまうと、

 

最終的なストレス(C)は大きくなってしまいます。

 

 

では、どうやったらストレスを抑えることができるのでしょうか。

結論からお伝えすると

『B(認知・捉え方)を変える』

だけでいいんです。

 

 

例えば、先ほどの例に当てはめてみると

 

テストの点数が悪かったので、先生から怒られたとします。(Aという出来事)

 

その時に、

「テストの点数が悪かったからと言って、全てがダメなわけではない。それに、これからもずっとダメだという根拠もない」(Bという認知・捉え方)

と考えることで、

 

最終的なストレス(C)を軽減することができます。

 

なので何かイライラするような出来事があった場合は、

 

・客観的に事実だけを見る

・事実・受け取り方・結果に注目する

 

ことで、ストレスを抑えることができるんですね。

 

 

このように
ストレスをためやすかったり、
落ち込みやすい人は

 

B(認知)で歪んだ思考をしてしまいます。

 

文字で説明すると複雑そうに見えますが、
自分でやってみると驚くほどシンプルなことがわかります。

 

説教のストレスを抜く方法

教える人

少しだけ難易度が高いかもしれませんが、
説教されたときのストレスを軽減させる方法もあります。

 

やり方は至ってシンプルで

 

怒られた

怒られたおかげで。失敗に気が付けた。足りない部分が分かった。後の失敗を回避することができた。

怒ってくれてありがとう!

 

このように、相手がした行動を
「自分にメリットがある行動だった」
と思い込むことでストレスが軽減されます。

 

是非一度お試しください。

 

ただし事実に注目しなければダメ

 

 

このABC理論ですが、
間違った使い方をしてしまうと勘違い人間になってしまいます。

 

最悪の場合、嫌われる原因にもなるかもしれません。

 

 

例えば、

明らかに自分が迷惑をかけてしまった場面でも、

 

A・他人に迷惑をかけたのに、迷惑をかけられたと思い込む(事実が歪んでいる)

B・むしろ他人が勝手に迷惑をかけられる動きをしていた(自分の主観で都合の良い方に捻じ曲げる)

C・(他人の責任にしたので)ストレスは軽減される

 

明らかに自分が悪いのに開き直っている人を
見かけたことはありませんか?

失敗すると、無意識のうちに「あのような人間」になるかもしれません。

 

 

なので、他人のせいにすることが悪いとは言いませんが、
その場合は態度に出さない訓練が必要かもしれませんね。

 

しかし、人は95%が無意識なので

「自分ではクールに立ち回っているつもり」でも、

 

周りから見ると

「明らかに様子がおかしい」

場合が多々あります。

 

なので、他人のせいにしてストレスを抜くスタイルの場合は
相当な訓練が必要かもしれませんね。

 

というわけで、今回の記事はこの辺で終わりたいと思います。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

 

Facebookでいち早く情報をお届けします!

 

The following two tabs change content below.
なべころぷーた(渡辺)
なべころぷーた(渡辺)
秋田県出身。このサイトの管理全般を担当。座右の銘は器用貧乏。マーケティング、SEO、広告作成術、心理学、脳科学など様々な分野に手を出している中途半端な人材。一応それらを取り入れた戦略が半端に得意。 なんでもシンプルで分かりやすく!がモットー。