シャンパルティエ効果をビジネスに応用して売上をアップさせる方法!

コピーライティング マーケティング 心理学・脳科学
シャンパルティエ効果

人間は先入観やイメージによって、物の大きさや重さ、数量などに対する認識が狂ってしまうことがよくあり、これを「シャンパルティエ効果」と言います。この心理効果を活用することで、広告の反応率などを高め、売り上げを上げることも可能です。

テンション・リダクションとは?気が緩んだ所に関連商品を勧めると売れやすい?

マーケティング 心理学・脳科学 自己啓発(マインドセット)
テンション・リダクション

人間は大きな決断をしたり、問題を切り抜けた後などはついつい緊張感が緩んでしまい、判断力や思考力が低下してしまいます。この心理を「テンション・リダクション」と言います。このタイミングを上手く見極めることで、追加で商品を購入してもらい、売上を伸ばすことも可能です。

ストループ効果とは?矛盾点があると人間は嫌悪感を感じてしまう!?

コピーライティング 伝わりやすい話し方 心理学・脳科学
ストループ効果

人間は矛盾点があると嫌悪感やストレスを感じ、これを心理学では「ストループ効果」と言います。広告の表現の中にも矛盾する要素があると、読み手に不信感を感じさせてしまって売上にも影響が出ますので注意しましょう!

おとり効果とは?あえて見劣りする商品を設置すると売上が上がる理由とは!?

マーケティング 心理学・脳科学
おとり効果

本命の商品が中々売れなくて困っている!という時は、あえてその商品よりも見劣りするような商品を設置してみると売れ行きが良くなることがあります。今回はそんな「おとり効果」というビジネステクニックについてご紹介していきます。

ページの先頭へ