サイト運営者の「なべころ(当時21歳)」がネトゲ廃人だった頃、
ゲーム内でたまたま仲良くなったった人が

「年商○○億円以上」の凄いお方だったことに衝撃を受ける。

 

 

当時、夢も希望も無く、目的と言えば、

「ゲームで相手に勝つこと(1日10時間以上プレイ)」
「ゲームの攻略情報をひたすらブログに書くこと」
「ゲームのプレイ動画をUPして分析すること」

くらいしかなかったダメな若者が、
メンターと会話をするうちに、

(もしかして、こんな自分でも起業できるのかな?)

と無謀にも起業を意識し始める。

 

 

が、所詮は引きこもり。

 

「よっしゃ、動くぞ!」

と気合を入れては

 

「やっぱ明日にしよう…今日は知識を調べたから別にいいや…」

と先延ばしをしまくるダメダメな日々。

 

何もできない日々に焦りを感じ始めるが、
メンターがくれた

 

「そんなにブログに情熱を注いでいるんだから、
なべころ君は起業するべきだと思う」

 

と言う言葉に後押しされて、起業を決意。

 

 

その後、師匠の元へ住み込みで弟子入り。
※この時の費用(勉強代)は出稼ぎで捻出。

 

弟子入り後は、ゲームで知り合った人たを誘い事業を立ち上げる。

 

 

チームのメンバーは

 

「ニート(ゲーム廃人)」

「電気工事士」

「ゲームプログラマー」

「老舗の和菓子屋の跡取り」

 

と、個性派ぞろいのメンツであったが、
起業後わずか「10か月で売上2000万円のビジネス」を作り上げることに成功。

※ネット情報商材やアフィリエイトではなく、リアルビジネスを絡めた地域密着型のビジネスモデルでした。

 

 

暫くの間、そのビジネスを中心に、
様々な事業を運営していたが、

 

ある日突然「なべころ」と「須田」が
「自分の力を試したい」という「よくわからない理由」で、
成長中のビジネスを全て残りのメンバーに譲り渡し独立。

 

 

が! 勢いよく飛び出しては見たものの、

手掛ける事業は失敗続きの日々が続く…。

 

半ばニートに戻りかけるが、
師匠さんの言葉を思い出しながら必死にもがく毎日。

 

何度も

あ~ 自分はやっぱりだめなんだぁ~

と自己嫌悪に陥るなべころ。

 

毎日自己嫌悪に陥っては、
本を読んで知識を取り入れ
少しずつ実践する日々。

 

 

そして、ようやく事業も安定し始め、
ネットビジネスとリアルビジネスの両方から収入が入り始める。

 

 

このとき、

「本気でダメな人間が、0から這い上がる方法」

を確立。

 

 

本当に底辺なダメ人間からランクアップしていったので、
全ての過程を説明できることに気が付く。

 

こればかりは、常人以下の人間だからこその強みといえる(本当か?)

※例えば「コツコツ作業をする」のが得意な人は「ただ続けるだけでいいのに」と言いますが、物事を続けるのにもノウハウがあるんですよね。

 

 

その後、このサイトを立ち上げて現在に至る。

 

 

現在は地域密着型のビジネスを展開しつつ、

・ネットビジネス
・リアルビジネス

を色々と人生経験を積んでいる真っ最中。

 

 

ボランティアで知り合いのお仕事を手伝ったり

「夏は涼しいところで暮らしたい」と言う理由で
長野の知り合いの所に住み込みで働きに行ったり、

 

もはや「何でもあり」の人生を歩んでいる。

 

 

また、事業の合間に「講習」のようなものもやっており、
受講者の中には

 

・広告費1万円で15万円の仕事を受注
・ゼロの状態からアフィリエイトを始めて月収50万円
・無名だった葬儀屋が地域で一番信頼されるように

 

といった人たちも現れ始める。

 

 

得意分野は「WEB集客」。

 

特に「それいらないよね」と思える要素を一切排除した

「初心者が最短でHP集客ができるようになるノウハウ」

を教えるのが得意。

 

 

例えば、ニーズ系(必要性)のビジネスは、
ホームページのデザインの優先順位が低いので

「ある程度のデザインを決めたら、あとは文章や広告管理に時間を割くべき」

といった「いらないものを切り捨てた」アドバイスが得意。

 

 

また、脳科学と心理学を絡めた
「ロボパン式マーケティング」は知り合い(4人)の中では有名。

 

私たちの実績についてはコチラのページをご覧ください。

 

管理人の更に詳しい自己紹介はコチラ

 

このサイトの管理人の自己紹介です。

 

 

渡辺

なべころ の自己紹介はコチラ

 

 

 

ライター須田

ライター須田 の自己紹介はコチラ