自己啓発の本当の意味 役に立つものだけ身に着ければ良い(2 / 13ページ目)

元気が無い、やる気が無い時に気合を入れるのは逆効果?

心理学・脳科学 自己啓発(マインドセット)
やる気が無い時に気合を入れるのは危険?

人間には生理的覚醒による優劣反応の強化と呼ばれる心理があり、「気合を入れると今の感情が増幅する」ように出来ています。そのため、やる気が無い時に無理やり気合を入れてしまうと逆に動けなくなる可能性があるので注意が必要です。

セルフマニピュレーションとは?自分の仕草をコントロールして信頼を得よう!

伝わりやすい話し方 心理学・脳科学 自己啓発(マインドセット)
セルフマニピュレーション

声が弱々しく小さかったり、おどおどした態度だったりすると、その自信の無さそうな様子が相手にも伝わり、不信感となって意見や気持ちが中々伝わらないなどのデメリットが発生することもあります。今回はそんな自分の仕草をコントロールする方法「セルフマニピュレーション」についてご紹介します。

嫌な飲み会やイベントを上手に断る方法!握られても問題ない弱みを探そう

自己啓発(マインドセット)
面倒なイベントの上手な断り方

飲み会などのイベントを直接断ってしまうと、人間関係が壊れてしまう可能性があります。そこで「実家の経済状況がマズイ」「奥さんが厳しすぎていけそうにない」など、どうでも良いような弱みを握らせておくことが重要になります。

知らない間に破産寸前!?常に意識しておきたいゆでカエルの法則とは

マーケティング 心理学・脳科学 自己啓発(マインドセット)
ゆでカエルの法則

人間は急激な変化には敏感に反応することが出来ますが、緩やかな変化には気づきにくく、気づいた時には致命的な状況に陥ってしまっていることも多々あります。それはビジネスでも同じことです。今回はそんな状況になる前に知っておきたいゆでカエルの法則についてご紹介していきます。

1人を怒らせると250人が敵に回る!?ジラードの法則とは?

マーケティング 営業 自己啓発(マインドセット)
ジラードの法則とは

アメリカのトップセールスマンであるジョー・ジラード氏によると、人間は大体250人の人間と関係があり、お客様を怒らせることは250人を敵に回すのに等しいそうです。今回はそんな「ジラードの法則」についてご紹介します。

人間が何かを諦める理由は大きく分けて3つしかない?問題を分解しよう

自己啓発(マインドセット)
行動力を増すための3つのパターン

人間が何かを諦める理由は大きく分けて3つしかありません。それは「一人ではできない」「今までのやり方では無理だ」「今すぐ取り掛かることはできない」になります。この場合は一つ一つに解決策を当てることで改善する場合があります。

ビジネスの本質は4歳児でも分かるようなシンプルな部分にあるのか?という話

マーケティング 自己啓発(マインドセット)
子供から学ぶビジネスの基本

今回は僕の4歳になる甥っ子の行動についてお話したいと思います。「ビジネスの本質は、子供でも感じるようなシンプルな所にあるのかなぁ…」と最近思うようなことがありました。身内ネタというか親族ネタなので、興味がある方のみご覧ください。

ページの先頭へ