マーケティングにおいて売上を上げるために必要な3つの要素!

マーケティングに必要な3つの要素

 

ビジネスではよくマーケティングという言葉が出てきますが、

「マーケティングって正直何をすることなんだか分からない!」

と思っている方は多いのではないでしょうか?

 

それもそのはず、マーケティングというのは一言で言うと

「お客さんに価値を与えて利益を得る行為全般」のことを言います。

 

つまりあまりにも意味が広すぎてハッキリと

「○○をすること」と具体的に表現するのは難しいものなのです。

 

そんなマーケティングではありますが、

「基本的にこれを軸に考えればいい!」という3つの考え方の軸があります。

 

この記事では「マーケティングの軸となる3つの考え方」について解説していきます。

 

 

マーケティングをするためには3つの数字に注目すること!

 

ビジネスを大きくする3つのこと

今回は、
「売上を上げるためにやらなければならない3つのこと」
について解説していきます。

 

 

今回の記事を読むことで、

・今自分が「一体なんのために、なにをしているのか」がハッキリする。

・世の中で次々と生み出される新しい戦術に振り回されにくくなる。

・頑張りすぎなくても、簡単に利益を大きくすることが出来るようになる。

はずです。

 

 

一生懸命にがむしゃらにやっていると、
ついつい自分を見失いがちですよね。

そうなってしまった時に、
「一度自分を振り返るための方法」
を皆さんに提供します。

 

 

ひたすらがむしゃらに頑張った後に、
今回のように立ち止まって分析するための
「ズームアウト」の癖をつければ、
きっと近い将来ジワジワと売上も上がってくるはずですよ。

 

マーケティングとは新規客×客単価×リピート数を上げる行為

 

売上を上げるためには、
3つのことに注目していれば大丈夫です。

 

それは、

「新規のお客さんの数を増やすこと」
×
客単価を引き上げること」
×
「お客さんのリピートしてくれる回数を増やすこと」

売上の増加

となります。

 

 

1年間のデータがあれば、
より正確に判断が出来ると思います。

自分がやっていた行動が、
知らないうちにこの3つのどれかに
当てはまることが多いです。

 

 

・なぜHPが必要なのか
・なぜチラシをばらまいているのか
・なぜ口コミをしてくれるようにお願いするのか

それは掘り下げると全て
「新規のお客さんの数を増やすこと」
のジャンルに当てはまります。

・なぜ品数を増やすのか
・なぜ思い切って値上げをするのか
・なぜお得意様にえこひいきするのか

これも掘り下げると全て
「客単価を引き上げるため」
に動いていると言えるでしょう。

 

 

・なぜクーポン券を配るのか
・なぜアフターの電話をするのか
・なぜLINEやfacebook、TwitterなどのSNSでお得情報を配信するのか。

これもお客さんに再びお店に来て欲しいという
「お客さんのリピートしてくれる回数を増やす」
という狙いがあると思います。

売上増加=客単価×リピート数×新規客の数

どれか1つでも0があると全てが台無しになる。

そしてこの計算式で気をつけなければいけないことは、
「掛け算」
になっていることです。

 

 

せっかく
「新規のお客さんの数を増やすこと」
「客単価を引き上げること」
ができているのに、

「お客さんのリピートしてくれる回数を増やすこと」
ができていなければ、
全てが台無しになってしまいます。

 

逆に全てを少しずつ強化していくだけで簡単に売上があがる

3つが掛け算の関係になっている以上、
全ての数字を少しずつ上げていくだけで、
1つの数字を頑張って引き上げるよりも、
簡単に結果を出せてしまう場合があります。

 

ごちゃごちゃしてきたので、
1つ例を出します。

1年間ビジネスを運営してみて、

・新規客の数が100人
・客単価が1000円
・年間の取引回数が3回

という会社があったとします。

 

 

先程の計算式に当てはめると、

100×1000×3
=300,000円

この会社の1年間の売上は
30万円ということになりますよね。

 

 

では、次に3つの項目の数字を
それぞれ10%ずつ増やして計算してみます。

 

 

・新規客の数が110人
・客単価が1100円
・年会の取引回数が3・3回

これも先ほどの計算式に当てはめると、

110×1100×3.3
=399,300

となりますよね。

 

 

全ての数字を10%増やしただけで、
33・1%も売上が上がります。

参考程度にこんな図式も作りましたので、
興味がありましたら是非ご覧ください。

1つのことに集中するのか、全てを底上げするのか。

 

 

今すぐ分析するための4ステップ。

 

やり方は次の4ステップで出来ます。

1・お店に来てくれるお客さんの数を数える。

2・お客さんが一回の取引で使う金額の平均額を出す。

3・お客さんが一定の期間にどれくらいリピートしてくれているかを数える。

4・最後に、足りない部分をそのジャンルに必要なノウハウを使って改善していく。

このような計算をすぐに出来るように、
普段から数字を記録しておくことが重要です。

 

 

そうすれば一気に計算する必要もありませんので楽になります。

今回の3つの項目の具体的な数字を
記録していなかった人も、
まだ遅くありません。

 

 

エクセルに1週間に1度でもいいので、
データを入力していればきっと将来
あなたの大事な武器になりますよ。

 

 

マーケティングで売上を上げるために必要な行動の一例

 

全て具体的に書くと、
とんでもない量になるので、
簡単に名前だけでもご紹介させていただきます。

 

 

具体的な解説に関しては、
後々ブログの記事にて更新していきますので、
時間のあるときにでも目を通していただければ幸いです。

 

 

また、あくまでも一例に過ぎず、
他にも世の中には沢山の戦術が溢れているので、
それが必要か必要でないかは、
あなた自身で見定めてみてください。

 

お客さんを増やすための行動の一例

・ホームページを作る
・既存のお客さんに口コミしてもらう仕組みを作る
・ダイレクトメールを送る
・広告を配る
・FAXを送る
・ブログを運営する
・地域密着型ならあいさつ回りをする。
・ジョイントベンチャーをお願いする。
・紹介システムを導入する。

客単価を引き上げる行動の一例

・アップセルの設置。
・値上げをする。
・クロスセルで関連商品を売る。
・有力なお客さんにえこひいきをする。
・松竹梅の3つの価格帯を用意する。

リピーターを増やすための行動の一例

・ポイント制などを導入してお客さんをえこひいきする
・SNSなどで定期的にオトクな情報を配信する
・アフターの電話をする。
・メールマガジンなどを発行する。
・一部のお客さんにしか用意しない裏メニューを用意する。

 

必要のないノウハウや戦術に振り回されることが無くなる。

 

今回の知識を身に付けることで、
自分の身の回りにある誘惑に対して、
正常に判断が出来るようになります。

 

 

例えば、

・絶対できる!1週間集客マニュアル!

という商材を買おうか迷っている時に、

「冷静に考えたら、集客は間に合ってるわ」

と、思いとどまることが出来るでしょう。

 

 

同じよな理由で、
悪徳業者や質の悪い情報商材にも騙されにくくなります。

それだけ
「立ち止まって現状を把握する力」
は、重要な要素になってきます。

これは今からでも出来ることなので、
エクセルを開いてさっそく分析・記録を始めましょう!

 

Facebookでいち早く情報をお届けします!

 

 

他にマーケティングについて書いている記事です。合わせて読んでおくことで、ビジネスでの売上が微妙に上昇するかもしれません。

障害やトラブルがあると逆に燃える!?ロミオとジュリエット効果とは?

マーケティング 心理学・脳科学 自己啓発(マインドセット)
ロミオとジュリエット効果とは?

目的を達成するまでの過程にある程度の障害があると逆に燃える!という心理を「ロミオとジュリエット効果」と言います。この心理を上手く活用することで、意中の人の気持ちを振り向かせたり、ビジネスで売上をアップさせることが可能です。

浪費の原因?ブランド品を買い揃えたくなるのはディドロ効果が原因だった!?

マーケティング 心理学・脳科学 自己啓発(マインドセット)
ディドロ効果

高品質な物、高級な物があると、ついつい他の物もその高価な物に合わせて買い替えたりしたくなってしまいます。この心理をディドロ効果と言います。浪費の原因にもなる心理ですので、しっかりと念頭に入れて、いざという時に冷静な判断が出来るようにしたいですね。

シャンパルティエ効果をビジネスに応用して売上をアップさせる方法!

コピーライティング マーケティング 心理学・脳科学
シャンパルティエ効果

人間は先入観やイメージによって、物の大きさや重さ、数量などに対する認識が狂ってしまうことがよくあり、これを「シャンパルティエ効果」と言います。この心理効果を活用することで、広告の反応率などを高め、売り上げを上げることも可能です。

テンション・リダクションとは?気が緩んだ所に関連商品を勧めると売れやすい?

マーケティング 心理学・脳科学 自己啓発(マインドセット)
テンション・リダクション

人間は大きな決断をしたり、問題を切り抜けた後などはついつい緊張感が緩んでしまい、判断力や思考力が低下してしまいます。この心理を「テンション・リダクション」と言います。このタイミングを上手く見極めることで、追加で商品を購入してもらい、売上を伸ばすことも可能です。

おとり効果とは?あえて見劣りする商品を設置すると売上が上がる理由とは!?

マーケティング 心理学・脳科学
おとり効果

本命の商品が中々売れなくて困っている!という時は、あえてその商品よりも見劣りするような商品を設置してみると売れ行きが良くなることがあります。今回はそんな「おとり効果」というビジネステクニックについてご紹介していきます。

広告文は長い方がいい?短い方がいい?結局は内容が一番大事!

コピーライティング マーケティング 伝わりやすい話し方
広告文の長さについて

広告の文章が長いと、読み手も読み疲れしてしまって反応率も落ちるのでは?と心配な方も多いと思います。ですが、実は広告文は長くても大丈夫、むしろ長い方が良い場合もあります。今回は広告文の長さについてのお話です。

ページの先頭へ