【説得力のある話し方】必ず伝わる4つのポイント(2 / 3ページ目)

【コピーライティング】長いキャッチコピーは要点だけを大文字にしよう

コピーライティング 伝わりやすい話し方
長いキャッチは一部を強調

広告のキャッチコピーを書く際、伝えたい内容を上手く短くまとめることが出来ず、ちょっと長くなってしまうことがあると思います。そんな時は、特にアピールしたい点を少し大きくしてみたり、目立つように工夫することで広告の反応率がアップします。

【コピーライティング】広告の反応率を上げるための感嘆語の使い方2つのコツ

コピーライティング 伝わりやすい話し方 心理学・脳科学
情動伝染

今回は「え!?」「そんなぁ…」と言った感情を表現する言葉である感嘆語を使って、広告の反応率を高めるための方法をご紹介していきます。少しの工夫で誰でも使えるテクニックなので、ぜひ広告作成などに活用してみてください。

スティンザー効果:会議の主導権を握るにはサクラを用意するのが効果的!?

伝わりやすい話し方 心理学・脳科学 自己啓発(マインドセット)
スティンザー効果

今回は「どうしても会議で通したい意見がある!」という方のために「スティンザー効果」という法則を元に、会議で自分の意見を通しやすくなる方法についてご紹介していきたいと思います。

USPや実績が無くてもお客様を呼べる!誰でもできる2つのコツとは?

コピーライティング 伝わりやすい話し方
2つの広告の工夫

初めて開始するサービスや、初めて取り扱う商品などの場合、広告を書こうにもUSPや実績なども無く、何を書いていいのか分からなくなってしまうということもあると思います。今回はそんな時にも使える、誰でもできるお客様を呼ぶための広告の工夫を2つご紹介していきます。

人に物を教える時は「別に忘れてもいいけど」と言うと記憶力が上昇する!

コミュニケーション術 伝わりやすい話し方 心理学・脳科学
忘れてもいい

人に物を教える時、ついつい「絶対に忘れないで!」といった言葉をかけてしまいがちですが、実はこれでは相手の記憶力が低下してしまい、上手く物事が伝わらない可能性があります。相手に何かを教える時は、相手にプレッシャーを与えないような言葉をかけるのが大切です。

アンチ・クライマックス法とは?相手によって話し方を変えてみよう

コミュニケーション術 伝わりやすい話し方
クライマックス法とアンチクライマックス法とは

アンチ・クライマックス法とは、先に結論を伝えてから、その後過程を説明する話し方になります。逆にクライマックス法は一から順番に相手に語るやり方です。この2つの手法は出来るだけ使い分けるようにしましょう。どのように使えばいいのかを解説しています。

人間関係を円滑にするための「上手な褒め方」5つのコツ!

コミュニケーション術 伝わりやすい話し方 心理学・脳科学
褒め方のコツ

部下や子供を褒めることは、相手自身の自信につながり、やる気もアップするだけではなく、時として能力以上の成果を出すためのきっかけにもなります。今回は相手を褒める時のコツについて解説していきたいと思います。褒め方のコツを覚えて、相手に最高に気持ちよくなってもらいましょう!

【マネジメント】部下のやる気を落とさない3つの上手な叱り方

コミュニケーション術 伝わりやすい話し方
怒る人形

部下がミスをした時など、やむを得ず叱らなくてはならない場合があります。しかし、この時相手の人格を否定するような言葉を言ったり、終わりが見えないようなダラダラと長いお説教をしてはいけません。今回は部下のやる気を落とさないように諭す上手な叱り方のコツを3つご紹介します。

ページの先頭へ