あかパンジー(驚き)

徹夜で勉強したけど全然覚えられなくて、

結局テスト赤点だったわ!あかパンジーだけに!

 

ロボリンちゃん

上手いこと言ったつもりか?

 

ロボット

実は徹夜での勉強やお仕事というのは効率が悪い物なのです。

人間は寝ることによって記憶を整理し、定着させるので、

無理に頑張るよりなら適度に睡眠を取った方がいいですよ。

 

学生時代のテスト期間の時などに

「テストが近いのに全然勉強してなかった!」

と、慌てて徹夜で勉強したのはいいものの、

「徹夜で勉強したのに全然覚えてない!テスト中は頭真っ白だ!」

という経験をしたことがある…という方は多いのではないでしょうか。

 

もしくは、何かお仕事で良いアイディアが浮かばず、

ただただ時間ばかりが流れていくのに焦ってしまったという経験、

あなたはありませんか。

 

僕はと言うとどちらも大いにあります。

 

特にテストの時などは普段から自主勉強をサボっていたため、

テスト前に徹夜で勉強をするのですが、

どうにも頭に入らず「もう今回のテストは捨てるべ」

ろくに書かずに寝てしまったということもありました。

(特に数学が苦手で基本諦めていました)

 

また、何か新しいビジネスの広告文章などを書く際なども、

色々文章やキャッチコピーを考えてはみても、

結局「コレ!」と言った物が思い浮かばず、

夜中まで悶々と考え事をしている時もよくあります。

 

しかし、実はこの徹夜での作業や勉強というのが

案外逆効果だったりします。

 

今回は、「徹夜して頑張ってるのに成果が出ない!」

とお悩みの方にオススメの「レミニセンス効果」について

ご紹介していきたいと思います。

 

このレミニセンス効果を知っておくことで、

夜遅くまで仕事や勉強を頑張ったのに成果が出ない!

という非効率的な状況を改善することができます。

 

ぜひあなたも試してみてください。

 

レミニセンス効果とは何か?

 

レミニセンス効果とは?

 

まずはレミニセンス効果についての解説です。

 

レミニセンス効果というのは簡単に言ってしまうと

「寝た後の方が寝ない作業するより物覚えが良く、考えもまとまっている」

というものです。

 

よく「寝る前に最後に見たことなどは覚えやすい」

というお話を耳にすることがありますが、まさにこのことですね。

 

僕自身の体験談ではありますが、

一晩考えても思いつかなかったキャッチコピーが、

次の日寝て起きたらすんなりと思いついたというのは

珍しいことではありません。

 

記憶の鍵はレム睡眠にある

 

人間の睡眠には2種類があります。

いわゆる「レム睡眠」「ノンレム睡眠」というものです。

(皆さんどこかで耳にしたことがあると思います)

 

基本的に浅い眠りのことをレム睡眠、

深い眠りのことをノンレム睡眠と言います。

 

ちなみに、この浅い眠りであるレム睡眠の時に

人間は夢を見るそうです。

 

そして、このレム睡眠の状態というのは、

脳が記憶の整理をする時間でもあります。

 

人間には短期間の間だけ覚えておく「短期記憶」と、

長期間に渡って脳の中に残しておく「長期記憶」が存在します。

 

短期記憶と言うのは脳の海馬によって数秒~2週間ほどの間保管される記憶です。

(この保管期間については諸説あって、2年くらい持つというお話もあります)

 

そして、この海馬に保存されている短期記憶を

長期記憶担当の部位である側頭葉に移動させる作業を

レム睡眠の時にやっているというわけなんですね。

 

そのため、寝ずのぶっ通しで勉強をしたり作業をするよりも、

適度に睡眠を取って作業をした方が物覚えも良いし、

考え方も自然と整理されるので効率が良いということです。

 

つまり、学生の頃の僕はテスト中に

「もう分かんねーから寝るか!」と諦めて寝るのではなく、

事前にしっかりと勉強をしておいた上で

「適度に記憶を定着させるために寝るか!」とするのが

正しかったと言うことになります。

 

寝る前の1時間が記憶するのには最適

 

このレミニセンス効果が上手く活用するには、

寝る前の1時間前に覚えておきたいことを勉強したり、

作業途中のお仕事の全体像を再確認しておくというのが有効です。

 

なので、仕事や勉強などで行き詰ったりした場合は、

無理せずに今日やったことなどを再確認して、

一旦睡眠を取るのがいいでしょう。

 

また、このレミニセンス効果というのは

何も勉強や仕事ばかりではなく、

スポーツなどの運動にも効果があるそうです。

 

行き詰ったらとりあえず寝るのはアリ

 

疲れて寝る人

 

徹夜で勉強をしたり、疲労を押して仕事に取り組む姿勢というのは

美徳として捉えられることが多いですが、

実は非効率的な方法だったりもします…。

 

どうしても行き詰ってしまった時というのは、

それ以上考えても進展がないということも少なくありません。

 

なのでそうした場合は無理をせず、

一旦休憩を挟むのが身体にとっては自然なのかもしれませんね。

 

あなたも、徹夜で勉強や仕事を頑張るのは良いですが、

どうしても行き詰った時は一旦寝ましょう!

 

今回の内容は以上です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

Facebookでいち早く情報をお届けします!

 

The following two tabs change content below.
知広須田
雪国秋田で生まれ育った27歳のオス トドのような肉体を持ち、ラッコのような体勢で寝る珍獣 特技はコピーライティング・除雪・相手のボケをボケで返すこと 好きな食べ物は肉と米 渡辺とは高校時代からの友人 コピーライティングができるのにトドなので難しい文章が苦手、 見やすく分かりやすい文章を書くために日々研究中。