ロボリンちゃん

現代では忙しい人間が増えてきているから「スピード」を売りにすることで付加価値が付けられる場合が多いわよ。

きぱんじーくん

「夜間料金は〇割り増し」「当日発送は〇円プラス」のようなシステムがそうだね!

 

突然ですが、もしあなたのビジネスで提供しているサービスが、

 

・緊急性が高い(今すぐやらなきゃ後に大変なことになる)

・当日に施工可能

 

 

のようなものである場合は、

「スピード保険のような制度」

を取り入れておくことで収益がアップする可能性があります。

 

 

「緊急のご依頼は〇%料金を上乗せさせていただきます」

 

「当日発送は送料が1000円になります」

 

といったものがそれに当たります。

 

経営者によっては、緊急時に値段があがると宣言するのではなく

「予め事前に予約していただければ、作業時の料金を割引致します」

と言い回しを変えるパターンもあります。

 

結果的には、どんな言い回しをしようが、

「当日は高い」ことには変わりませんよね。

 

 

 

 

よく取り入れられている業種としては

 

・配達業務

 

・水道、水回りメンテナンス

 

・害獣駆除

 

などが当てはまります。

 

 

他にも様々な業種で取り入れられているので、

色々と観察してみるのもいいかもしれません。

 

 

 

というわけで、今回は

 

・スピードを付加価値にすると商品が売れやすくなる理由

 

・緊急性を使ってボッタクリをしてくる業者の対策

 

についてご紹介したいと思います。

 

 

これからの時代はスピードが付加価値になる?

 

以前の記事でもご紹介しましたが、

これからの時代は

これからの時代はスピードが付加価値になる

 

「フットワークの軽い会社が、腰の重い会社を倒す」

 

時代になると言われています。

これからの時代は会社の規模ではなくフットワークの軽さが重要?

 

 

ビジネス界では

「チェンバースの法則」

なんて言われているみたいですね。

 

 

 

その理由としては、

 

・昔に比べて現代人は忙しくなったから

 

・流通や通信手段の発達により、市場全体の平均値が上がっているから。

 

などが考えられます。

 

 

夜間料金は〇割増し!もスピード保険

 

「夜間における緊急時のご依頼に関しては、通常よりも〇割増しでのご提供となります」

 

と宣言しているサービスを見かけるときがありますが、

あれも「時間短縮」を売りにしています。

 

 

「料金が上がるのに依頼する人がいるのか?」

 

と思うかもしれませんが、
人間はとにかく「緊急性」に弱いので
ついつい頼んでしまうものです。

 

 

例えば、深夜に自分の部屋に

「大きな害虫」

が現れたとしましょう。

 

更にその人は

「一人暮らし」

だったとします。

 

虫に慣れている人は自分で何とかするかもしれませんが、
虫が嫌いな人にとっては「地獄のような状況」ですよね。

 

本人からすれば

「多少料金が上がったとしても、今すぐこの状況から解放されたい」

と思うわけです。

 

更に、人間は

 

「何かを手に入れたい」

 

と思う欲求よりも

 

「何かをしてダメージを受けるのは嫌だ」

 

という避けたい欲求の方が強いと言われています。

http://nabekoro.com/201703/3617.html

 

 

このように、いろんな角度で見てみても

「緊急時は料金増し」のノウハウは効果的であると言えます。

 

 

緊急時に騙されないようにするには?

悪そうな人

緊急時のご依頼の料金が高くなるのは、
お店側からすれば自然なことかもしれません。

 

 

しかし、緊急だからと言って
普通ではありえないような高額料金を請求する業者もあるので注意しましょう。

 

 

そういう時に便利なのが、次の知識になります。

 

 

これを頭の片隅に入れておくだけでも、
緊急時における判断ミスが激減することでしょう。

 

 

人間はリアルタイムだと正しく判断できない

 

行動ファイナンスと呼ばれるノウハウの中には
次のようなお話があります。

 

 

人を集めて次の2つの条件を提示しました。

・今すぐ貰える1万円

・一週間後に貰える1万2千円

どちらが欲しいのかと聞いたところ、
殆どの人が「今すぐ貰える1万円」
と答えたそうです。

 

 

このように、経済論理に従えば
一週間後のお金を選びそうなものですが

 

人間はリアルタイムで選択を迫られると、
必ずしも正解を選ぶわけではないんですね。

 

 

 

なので、

 

「人間は緊急時の選択(リアルタイムで選択したこと)は間違っていることが多い」

と、常に自分に言い聞かせることにしましょう。

 

そうすることで、ぼったくり業者に会った時も

 

・すいません、やっぱり 辞めます

・相見積もりを取ります。

 

と切り返すことが出来るようになり、相手の言いなりにならずに済みます。

 

どストレートな言葉で言ってしまうと、

 

「リアルタイムでの選択は全て間違っている」

「リアルタイムで起こっていることに関しては、自分は馬鹿になっている」

 

と言い聞かせることで、自分を客観視できるようになり
正常に判断できるようになります。

 

 

という分けで、今回は

 

「スピード保険をつけて売り上げを伸ばす方法」

についてご紹介しました。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

Facebookでいち早く情報をお届けします!

 

The following two tabs change content below.
なべころぷーた(渡辺)
なべころぷーた(渡辺)
秋田県出身。このサイトの管理全般を担当。座右の銘は器用貧乏。マーケティング、SEO、広告作成術、心理学、脳科学など様々な分野に手を出している中途半端な人材。一応それらを取り入れた戦略が半端に得意。 なんでもシンプルで分かりやすく!がモットー。