ロボット

初対面の方と雑談・会話をする時は

 

1:最近の天気などの当たり障りのない話題から会話を始める

2:話題を細かく変えながら会話を続ける

3:相手の反応を見て、食いつきが良かった話題を中心に掘り下げていく

 

という手順で会話を展開していくことで、

相手の興味のある話題をスムーズに見つけ、

会話を盛り上げることができます。

 

あかパンジー(得意げ)

「相手の好きな話題が分からない!」って人も、

これなら安心だな!

 

皆さんどうもこんにちわ、

ロボパンビジネス情報部です!

 

今回は以前に引き続き、

会話や雑談の時のコツについて

ご紹介していきたいと思います。

 

以前の記事である「上手な会話のコツ:雑談の前にプランを立てよう!」

では、雑談をする前に「相手に何を伝えるか?」や「相手から何を聞き出すか?」

と言った目的を設定した上で会話を始めるのが重要だという内容をご紹介しました。

 

今回は、「初対面の方と話す時の話題探しの仕方」

についてご紹介していきたいと思います。

 

・「誰かと話をする時、いつもどんな話題で話をするかで苦労する…」

・「初対面の人との会話だと、どんな話題を選べばいいのか分からない…」

 

会話が苦手な方の中には、

このような悩みをお持ちの方もいるのではないでしょうか?

(僕も同じく、話題選びにはいつも悩みます…)

 

今回はそんな話題選びで悩める方に役立つ

雑談・会話テクニックをご紹介していきます。

 

それでは、今回も一緒に雑談マスターを目指していきましょう!

 

会話の最初は「当たり障りのない話題」でOK!

 

話題をコロコロ変えよう

 

初対面の人と初めて会話する時というのは

 

・相手はどんなことが好きなのか?

・どんな趣味があるのか?

・逆にどんなことが嫌いなのか?

 

などなど、相手のついての情報がないので、

上手く相手が食いついてくれるような話題を提供することは難しいですよね。

 

なので、初めての相手との初めての会話の出だしは、

無理に奇をてらったり気の利いたことを言おうとしたりする必要はありません。

 

・今日の天気について

・相手の会社のことについて

・出身地について

・血液型について

 

などなど、当たり障りのない会話からスタートしましょう。

 

当たり障りのない話題というのは、

裏を返せば「お互いにとって抵抗なく話せる共通の話題」

ということにもなります。

 

まずは誰でも話せるような、

当たり障りのない会話から雑談を展開していいきましょう。

 

話題をコロコロと変えて、相手の興味のある話題を探す!

 

転がるビー玉

 

当たり障りのない話題でまずは会話をスタートしたら、次にやるべきことは

「話題を少しずつ変えていき、相手の興味のあるジャンルを探す」ということです。

 

いつまでも当たり障りのない会話ばかりでは、

会話も中々盛り上がっていきません。

 

そればかりではなく、

相手との関係も微妙な距離を保ったままで、

良好な人間関係を築いていくのも難しいでしょう。

 

そのため、相手が興味のある話題を

会話の中で探し出していく必要があります。

 

話題をコロコロ変える話し方の例

 

「でも、話題を変えながら相手の興味のある話題を探すって、実際はどうやるの?」

 

と疑問に思う方もいると思いますが、

一言で説明すると

 

1:当たり障りのない話題から会話を始める

2:そこから少しずつ、話題をコロコロとズラしていく

3:相手が食いついてきたら、その話題を掘り下げて会話を展開していく

 

という3つのステップを踏んでいく形になります。

 

では、その一例をご紹介していきたいと思います。

 

今回は、「最近の天気」という当たり障りのない話題から

会話をスタートしたという仮定で例を挙げていきます。

 

チンパンジーくん

もう2月も末なのに、全然春の気配が感じれないほど寒いよね~。

 

ロボリンちゃん

そうね。夜なんて家の壁がガタガタ言うほど吹雪いているわ。

 

チンパンジーくん

こう寒いと外に出る機会も減って、

運動とかも中々できなくて体がなまって来ちゃったよ。

 

ロボリンちゃん

寒いと外に出れないのもそうだけど、

そもそも動く元気が湧かないわね。

 

チンパンジーくん

しかもこう天気が悪い日が続くと、

週末に出かける予定を立てても天気が悪くて結局行けなかったりして、

困ったものだよね~。

 

…いかがでしょうか?チンパンジー君が

最近の天気という当たり障りのない話題から会話を始めて

 

天気→運動→週末の予定

 

という風に話題を少しずつズラして会話を展開しているのが

お分かりいただけるのではないかと思います。

 

そして、もし相手が

 

ロボリンちゃん

そうね。私も先週の週末、

あんまりにも天気が悪すぎて仕方なく家に籠ってたのよ。

 

と食いついてきたら

 

チンパンジーくん

そうなんだ!どこに行く予定だったの?

 

という風に、話題を掘り下げていくということです。

 

当たり障りのない話題から会話をスタートし、

そこから少しずつ話題をズラしていって相手の食いつきの良い話題を探し、

相手が食いついてきた話題を中心に会話を掘り下げていく。

 

このように会話を展開していくことで、

初対面の人との会話でもスムーズに親交を深めることができます。

 

雑談で出すべきではない話題もある

 

困っている外人

 

当たり障りのない話題から会話を始め、

話題をコロコロと転がしていくのが有効と言いましたが、

雑談では極力出すべきではない話題というのも存在します。

 

例えば

 

・政治の話

・宗教の話

 

などなどです。

 

雑談というのはあくまで気軽にできる会話です。

 

政治や宗教の話題というのは雑談のテーマとしては少々重く、

さらに単なる雑談を通り越して「議論」に発展してしまう可能性もあります。

 

そして、議論というのはしばしば対立を生んでしまうこともあります。

せっかく相手と仲良くなろうというのに議論に発展し、

相手と対立してしまっては元も子もありません。

 

雑談の鉄則は「議論をしない」という点です。

 

相手と対立し、議論に発展してしまうような話題は極力避けることが、

雑談マスターへの近道と言えるでしょう!

 

…今回の内容は以上です。

少しでも皆さんのお役に立てたら幸いです。

 

これからも随時、

雑談・会話のテクニックについて

ご紹介していきたいと思います。

 

ではでは、今回も最後までお付き合いいただき、

ありがとうございました!

 

次のお話

会話が盛り上がる3つの上手な質問のテクニックとは?

 

 

営業に使える心理テクニック

 

 

Facebookでいち早く情報をお届けします!

 

The following two tabs change content below.
知広須田
雪国秋田で生まれ育った27歳のオス トドのような肉体を持ち、ラッコのような体勢で寝る珍獣 特技はコピーライティング・除雪・相手のボケをボケで返すこと 好きな食べ物は肉と米渡辺とは高校時代からの友人コピーライティングができるのにトドなので難しい文章が苦手、 見やすく分かりやすい文章を書くために日々研究中。